「土用の丑の日」に鰻を食べる習慣が始まったのは江戸時代。医者であり発明家の平賀源内が、知り合いの鰻屋に「この時期暑くて、どうも売れない。何かいい案はないか?」と相談を持ちかけられたところ、源内は筆をとり、「本日、土用の丑の日 鰻の日」と書いて貼り出しました。

 

平賀先生がああ言うのだから間違いない、ということで民衆が押しかけ、店は大繁盛。他の鰻屋もこぞって真似をしたことから、あっという間に広まったといいます。つまりもともとは、源内が考えた「キャッチコピー」だったんですね(源内ではなく、狂歌師の大田蜀山人によるものだという説もあります)。

 

ただ、単に商売繁盛をもくろんで口からでまかせを言ったわけではありません。「万葉集」の中に「石麻呂(いしまろ)に 我もの申す夏痩せに よしといふものぞ 鰻(むなぎ)とりめせ」という大伴家持の短歌があります。家持が痩せた吉田石麻呂に鰻を勧めるこの歌を源内は知っていて、この時期には鰻が良い、ならば・・・ということでキャッチコピーを考えたのでしょう。

 

現在は、土用の丑の日に鰻を食べることの効能が栄養学的にも解明されています。鰻には、さっぱりしたそうめんなどが欲しくなる今の季節に不足しがちなビタミン、ミネラル類が多く含まれています。

 

もっとも顕著なのはビタミンAの多さ。肌荒れや視力低下を防ぐとともに、粘膜を正常化させて風邪などを防ぐ効果もあります。免疫機能が高まることから、ガン予防にも作用するとのことです。ビタミンAは脂と一緒に摂取することで吸収率が高まりますので、脂がのった鰻との相性も抜群といえます。さらに鰻のなかでもっともビタミンAが豊富なのは、肝の部分。肝の串焼きや肝すいなどは栄養満点です。

 

皆さんもぜひ、夏バテ予防に鰻の蒲焼、そして付け合せに野菜を食べて、よりよいバランスで栄養補給してはいかがでしょう。

みなさん、こんにちは

今年も人形供養祭行います!(^^)!

あと一カ月で師走です。

そうです!!

大掃除の時期がやってまいりました。

押入れ深くに眠っている五月人形や雛人形はございませんか?どうせなら、しっかりとお寺様に供養してもらいましょう!大掃除に入る前に不要になったお人形さんたちを持ってきてください(^^)

 

また、当日は事前相談会も行っております。お葬儀のアレコレも聞いちゃってください!1分で終わる無料会員様に登録で人形供養費は無料になります。この機会に是非ご活用下さい!!

新着情報

・2016年~     プレミアム会員募集始めました!!

・2018/11/24  今年も人形供養祭開催します!!

2018/11/24(土)

今年も人形供養祭開催します。

 

皆様からお預かりしたお人形をご供養させて頂きます。同時にご葬儀相談会も開催します。素敵な粗品をプレゼントします!!

 

 

耳より情報・・・

①遺品供養・お預かり・・・についての詳細は花穂苑フリーダイヤルまで

お問い合わせください